痩せ型体型のファッションルール

ほっそり体型の特徴

痩せていて、貧弱に見られてしまいがち
服を着丈で合わせようとすると、ダボダボになりより痩せて見えてる。
モデルのようなタイトな着こなしが似合う

洋服選びのコツ

細さをカバーするためにと、体型より大きめサイズを選ぶのはNG

・大きい服を着れば大きく見えるなんてことはありません。
ダボッとして、だらしない印象になってしまいます。

縦の長さは短くならないように注意。ただし横幅はジャストサイズで選ぶ

・横幅に合わせて服を選ぶと、袖丈や着丈など縦の長さが短くなりがち。この部分が短くなり過ぎないものを
身幅などの横幅も、なるべくタイトなものを選びましょう。

細さが気になる部分にはボーダーなどの横ラインの柄や膨張色を選ぶ

・がっちり体型が収縮色なら、ほっそり体型には膨張色を。暖色系(赤、オレンジなど)の明るい色は膨張色で実際より大きくみせる効果があります。
また、横のボーダーも錯視効果により横幅が強調されて見えるので、細さが気になる方にはおすすめです。

おすすめのアイテム

丸首の膨張色のトップス


丸首はVネックなどの直線的なデザインに対して、丸みを強調するので細さが目立ちません。
首が細長い方は丸首でも大きく開いていないアイテムが無難。大きく開いていると長さが強調するので、首元が詰まっているものを
シャツの場合は襟の高いものやスタンドカラーが効果的。
ただし、細さを活かしたコーデにする場合は収縮色のVネックでスマートにまとめるものアリ

細身のカーゴパンツ


カーゴ特有の腿ポケットがアクセントになり、細さをカバーしてくれます。
色は収縮色にならないよう暗すぎないもの。ベージュやカーキはカーゴの雰囲気ともマッチしてベスト

ボーダーのカットソー


白地に明るめの色のボーダーは膨張色と錯視効果で細さをカバーしてくれます。
赤やオレンジなど暖色系もおすすめ。

関連記事

  1. ぽっちゃり体型のファッションルール

  2. 男のファッション・ちょっとしたポイントで大違い!

  3. 低身長ちっちゃめ体型のファッションルール

  4. ガッチリ体型のファッションルール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。