低身長ちっちゃめ体型のファッションルール

低身長体型の特徴

日本人男性の平均身長172cmを大きく下回る
背が低いのがコンプレックスで、自分に自信が持てない
キッズサイズが着られるのでお得なことも(笑)

洋服選びのコツ

袖や着丈など縦のサイズでジャストフィットのものを選ぶ

・サイズがあわず着丈の長い服を着ていると、身長の低さがさらに強調されてしまうので、着丈や裾など縦のサイズはジャストのものを選びましょう。
すると身幅が余ってしまうことも多いですが、ここも極力ジャストのものを選べるとなお良しです。

上半身にポイントをつくる

ハットをかぶる、メガネやストールを用いるなどして、上半身にコーデのポイントを持ってくると、自然に相手の目線も上半身に誘導され、身長の低さが気にならなくなります。
小物を使うことに抵抗がある場合は、上半身の服を明るい色にすることでも目線を上げることが出来ますよ。

コーディネートを上下同系色でまとめる

もちろん全く同じ色ではなく、水色、ブルー、ネイビーなどのように同系色で上下のコーディネートを揃え、
さらに足元に行くほど濃い色になるようにまとまると、グラデーション効果ですらっと背が高く見えます。
オシャレとしてもポイント高し!

おすすめのアイテム

ストールを使って相手の目線を上に


ファッションのアクセントといて使いやすいストール
もちろん冬は大きめのマフラーでも可
洋服の色と違う系統の色、柄を選ぶとよりアクセントになりやすいです。

大人っぽいハット


ハットも第一印象で目に入り、目線を上げるのに効果的
同じ帽子でもベースボールキャップなどは一気に子供っぽくなるので避けましょう。
低身長をカバーするには大人っぽいアイテムが効果的!

ショート丈のコートやブルゾン


着丈が長すぎると低身長が強調されるし、脚が短く見える効果もあるので要注意
逆にショート丈のアウターは脚を長くみせ、低身長が目立たないのでスタイリッシュに見えます。

関連記事

  1. ぽっちゃり体型のファッションルール

  2. 痩せ型体型のファッションルール

  3. ガッチリ体型のファッションルール

  4. 男のファッション・ちょっとしたポイントで大違い!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。